東京都知事のニュースで思ったこと

小池都知事は毎日大変そうです。
豊洲市場、オリンピックなど選挙時の公約の後始末ばかりがテレビで取り上げられている。
就任以前の問題を片付けているのが目につく、都民もその点ばかり気にしているようである。
早急に対応する必要もあるのだろうが、小池都知事が新たに何かを起こすことについては、何も報じられない。なにをしているのだろうか。
今注目しているのは、オリンピック。
オリンピックを開催したいと手を挙げ、コンパクトに行うと招致したのは東京都ではないか。
開催経費のあいまいさを追求できなかった都民や議会の責任はどこかに消え、その当時のトップや職員に責任転嫁をしているようにも思える。
招致時の経費などには、どこかの業者も参加していると思えるが、そのあたりからも追及すべきと思う。
もし、経費の追及をしたいのであればそのあたりから進める必要もあるのでは。
オリンピックに必要な施設の基準、特に観客席などを満たしていないから新しい施設が必要なのであれば建築する必要があり、必要でないのであれば仮設で対応し、建築するより改修で対応可能であればそすればいいのでないか。
選手たちに無用な労力をかけないコンパクトなオリンピックを開催すると公約した東京都としての責任を問いたい。